トップページ > 女性ホルモンの分泌が不安定になった時のリスク

女性ホルモンの分泌が不安定になった時のリスク

女性ホルモンの分泌が不安定になってしまうと、どのような影響が出てしまうのでしょうか?もしかしたら、体の調子が優れていないのは、十分に女性ホルモンが分泌されていないことが原因になっているかもしれません。

 

女性ホルモンの一つ担っているエストロゲンというのは、毛髪や肌の新陳代謝を促進させる作用があります。これによって、くびれを作り出したり、バストアップをすることが出来るようになっているのです。そして、もう一つ、プロゲステロンといわれる女性ホルモンもあるのですが、こちらは胎児が正常に成長できるようにするための作用があったり、体温を上昇させる作用を持っているホルモンになっています。

 

定期的に、プロゲステロンとエストロゲンが分泌されることによって、ホルモンバランスを正常に保つことが出来るようになっているのです。しかし、どちらか片方だけが活発に分泌されていたり、分泌量が不安定になってしまっていると、ホルモンバランスが崩れてしまうということになります。では、どのようなときに女性ホルモンのホルモンバランスは崩れしまうのでしょうか?

 

女性ホルモンの分泌の制御をしているのは、脳にある視床下部です。この視床下部というのはストレスにとても弱くなっていますから、イライラしてしまっていると、ホルモンバランスもすぐに乱れてしまいます。この他にも、生活習慣が乱れてしまっていたり、無茶なダイエットをしていても、ホルモンバランスは崩れやすくなってしまうのです。

 

また、更年期のように女性ホルモンが徐々に分泌されなくなっていく時期や、思春期もホルモンバランスは崩れやすい時期になっています。女性ホルモンの分泌が偏ってしまったり不足してしまっていると、肌の保湿性が低くなってしまったり、コラーゲンを作り出しにくくなってしまいます。そのため、閉経前後になってくると、女性はシミやたるみなどのような肌トラブルを抱えやすくなっているのです。

 

さらに、女性ホルモンは、毛髪の成長にも関わっていますから、女性ホルモンが分泌されにくくなってくると、毛髪や抜けやすくなってしまったり、細くなりやすくなってしまうのです。また、肌質も変化しやすくなってしまっていますから、これまで使っていた基礎化粧品などを使っていると、肌に負担がかかってしまうということもあります。

 

閉経をした後というのは、著しく女性ホルモンの分泌量も減りますから、体中がたるんでしまったり、太りやすくなってしまいます。さらに骨粗しょう症や動脈硬化になりやすくなってしまいますから、閉経後は特に生活習慣に気をつけるようにして、生活習慣病を発症しないようにしていかなくてはなりません。

 

女性ホルモンが減ってしまうと、代謝も下がりやすくなってしまい、内臓脂肪が蓄積されやすくなります。さらに、血管も柔軟性がなくなりますから、動脈硬化になりやすくなるだけではなく、脂質代謝も低下しやすくなってしまいます。

 

ですので、これまでと同じような生活をしていると、健康を損なってしまう危険性もありますから、閉経後は生活習慣を改善させることを強くお勧めします。

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ! All Rights Reserved.