トップページ > 女性ホルモンの分泌が少ないと薄毛になりやすい?

女性ホルモンの分泌が少ないと薄毛になりやすい?

洗髪をした後に手を見てみたら、かなりの量の髪の毛が手に絡みついてしまっていてショックを受けたという人もいるのではないでしょうか?また、頭皮が良く分かるようになってしまったり、セットをしても髪にボリュームが出ないという人もいると思います。

 

毛髪も、年齢を重ねていくと、だんだん衰えてしまうものなのですが、若くても髪の悩みを持っている女性が最近多くなってきているといわれています。薄毛になってしまった場合でも、色々な原因が考えられますし、脱毛症の症状も違っているものです。

 

例えば、円形脱毛症の場合は、ストレスであったり免疫機能に問題が生じてしまっていることが原因ですし、男性型脱毛症なのであれば、生え際や頭頂部の毛髪が抜けていきます。薄毛の問題というのは、女性ホルモンも深く関わってしまっている場合もあります。ここで紹介をするような症状があるのであれば、女性ホルモンのバランスが悪くなってしまっていることによって引き起こされてしまっているかもしれません。

 

・分け目の頭皮が目立ってしまう
・毛髪のボリュームがない

 

40代くらいから毛髪が薄くなってしまうというのは、そこまで珍しくないのですが、若い女性でもダイエットをしすぎてしまったり、強いストレスを抱えてしまっていることによって、ホルモンバランスが乱れてしまい、薄毛に鳴ってしまうケースは少なくありません。エストロゲンというのは、毛髪の成長を促してくれる作用を持っているのですが、ホルモンバランスが崩れてしまっていて、十分な量のエストロゲンが分泌されなくなっていると、薄毛になってしまうことが多いのです。

 

そのいい例として、産後にかなりの量の抜け毛が発生してしまうことがあるのですが、これはエストロゲンの分泌量が一気に減ってしまったことが原因であることが多いです。また、髪の毛のコシが以前よりもなくなってしまっていたり、毛髪が細くなってしまったのも、女性ホルモンの分泌が正常に行われていない可能性があります。

 

肌のハリを作り出しているのはコラーゲンなのですが、このコラーゲンは毛髪にも含まれています。このコラーゲンを作り出すように促しているのも、エストロゲンの役割なのです。ストレスなどのせいでエストロゲンの分泌が減ってしまうと、コラーゲンも生成されにくくなります。これによって、毛髪のコシや太さがなくなってしまうのです。

 

仕事を頑張っている女性ほど薄毛になりやすい
キャリアウーマンとして仕事を頑張っている女性ほど、薄毛になりやすいといわれています。仕事を頑張っているということは、疲労も溜まりやすいですし、ストレスも感じやすくなってしまいます。これによって、ホルモンバランスが崩れてしまって、十分に女性ホルモンが分泌されなくなってしまい、薄毛になってしまうのです。

 

薄毛の症状だけではなく、ヒゲや体毛が濃くなったり、吹き出物が出来やすいのであれば、女性ホルモンがあまり分泌されず、男性ホルモンのほうが強く作用してしまっていると考えることが出来ます。つまり、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが保たれていないということです。男性ホルモンというのは、女性も分泌しているものです。

 

男性ホルモンでもいくつかのホルモンがあるのですが、その中の一つのジヒドロテストステロンによって、毛髪が正常に成長をすることが出来ずに、薄毛の状態になってしまいやすくなります。さらに頭皮の毛穴から大量の皮脂を分泌するようになり、毛穴が詰まってしまって、毛髪が抜けやすくなってしまうのです。そのため、仕事を頑張っている女性の中には、薄毛になってしまっている人が多くなっているのです。

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ! All Rights Reserved.