トップページ > 女性ホルモンに間接的に作用をもたらす成分

女性ホルモンに間接的に作用をもたらす成分

女性ホルモンに対して作用をもたらすとされているサプリメントはいくつもあります。例えば、ホルモンの分泌を間接的に促す作用を持っている成分が配合されているものもあれば、エストロゲンの分泌を直接促進させる作用がある成分が配合されているサプリメントもあります。

 

ホルモンバランスを正常にしたいと思っていても、女性ホルモンのエストロゲンなどに近い作用を持っているイソフラボンなどを摂取しても大丈夫なの?と思っている人もいるかもしれません。サプリメントとして配合されている成分の中には、ホルモンの分泌量を間接的にアップさせてくれる作用を持っているものもあるのです。

 

急激に女性ホルモンに対して作用をもたらす成分もありますが、反対に徐々にホルモンに対して作用をしていき、体に負担をかけないようにホルモンバランスを整えるものもあります。少しでもリスクを減らしつつ、ホルモンバランスを整えていきたいのであれば、間接的にホルモンに対して作用をするサプリメントを摂取するといいでしょう。では、間接的にホルモンに対して働きかける成分としてどんなものがあるのでしょうか?

 

γーリノレン酸
プロスタグランジンE1という物質があるのですが、この物質はγーリノレン酸が原料になっています。生理痛などは、プロスタグランジンE2という物質によって挽きこされていると考えられているのですが、プロスタグランジンE2を抑制してくれるのが、プロスタグランジンE1なのです。また、γーリノレン酸は、PMSの症状を改善しやすい作用もあるといわれていますから、生理痛やPMSの症状に悩んでいる人にお勧めでしょう。

 

テアニン
テアニンはお茶などに含まれているアミノ酸の一つになっており、体や精神をリラックスさせる作用を持っています。そのため、テアニンを摂取することで、脳もリラックスしやすくなり、脳神経細胞を守ったり、血圧を下げやすくさせることが可能になります。

 

チェストツリー
地中海などに存在している植物がチェストチェリーです。ホルモンバランスを正常にしてくれる効果が期待できるということで、女性の間で注目されています。チェストツリーは、更年期障害やPMSを改善させる作用があるといわれています。

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ! All Rights Reserved.