トップページ > ホルモンバランスに良い食べ物や悪い食べ物

ホルモンバランスに良い食べ物や悪い食べ物

普段食べているものというのは、ホルモンバランスに対してもかなり影響があります。ホルモンバランスが乱れてしまっているのであれば、ホルモンバランスが保たれるような食事をしなくてはなりません。ですが、どのような食事をすれば、ホルモンバランスを正常にすることが出来るのでしょうか?また、どんな食事を普段からしていると、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまうのかも知っておかなくてはならないでしょう。

 

1.ホルモンバランスを正常にするための食事とは?
ホルモンバランスを正常にするのであれば、ホルモンに対していい作用をもたらしてくれる食べ物を積極的に食べるようにしなくてはなりませんホルモンバランスが異常になってしまっていると、乳がんなどのような女性特有の病気になる可能性もありますので、ホルモンバランスを保つという意味だけではなく、健康維持のためにも、ホルモンバランスを整えてくれる食べ物をしっかり食べるようにしましょう。

 

・大豆製品
大豆自体を食べても良いのですが、大豆が原料として使われている納豆や豆乳、豆腐などのような大豆製品も積極的に食べましょう。大豆製品には、多くの大豆イソフラボンが含まれていて、ホルモンバランスを正常にしやすくなります。

 

・カツオやマグロ
カツオやマグロなどには、ビタミン類の一種であるビタミンB6が豊富に含まれています。ビタミンB6は、エストロゲンの代謝が促進されやすくなり、ホルモンバランスも整いやすくなりやすいのです。

 

・ナッツ類
ナッツ類には、ビタミンEが豊富に含まれています。このビタミンEは、卵巣や脳下垂体に作用をもたらし、女性ホルモンが分泌されやすくなります。また、ビタミンEには抗酸化作用もありますから、美容や老化対策をすることも出来ます。

 

・ココナッツオイル
最近、ココナッツオイルが人気になっているのですが、ココナッツオイルにはラウリン酸が含まれています。このラウリン酸は、ホルモンを作り出すのとても重要な成分になっています。

 

・アボガド
アボガドには、カリウムや食物繊維、葉酸、ビタミンB群、ビタミンE、マグネシウムなどといった、健康にもホルモンにもいい成分がたっぷり含まれています。

 

 

2.ホルモンバランスを崩しやすい食事について
反対にどのような食事をしていると、ホルモンバランスが崩れやすくなるのでしょうか?例えば女性の中には、肉をあまり食べないようにしているという人もいるでしょう。ですが、肉を食べなさ過ぎてしまっていると、たんぱく質不足になってしまって、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。

 

この他にも、加工食品などには化学調味料が使われているのですが、このような食べ物は成長ホルモンの分泌を抑制してしまったり、体の中にあるミネラルを破壊してしまうことがあります。これ以外にも、冷たい食べ物を普段から食べていると、事理う神経が乱れてしまって、これによってホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ! All Rights Reserved.