トップページ > ホルモンバランスが崩れるとニキビの原因に…

ホルモンバランスが崩れるとニキビの原因に…

ニキビというのは、ホルモンバランスが乱れてしまうことが原因であることが多いです。皮脂が多く分泌されることによって、毛穴が詰まってしまい、にきびができてしまうということが多いのですが、この皮脂というのは男性ホルモンによる作用によって大量に分泌されつぃまうのです。

 

女性というと、女性ホルモンが多いですが、全く男性ホルモンがないというわけではありません。男性ホルモンによって、皮脂の分泌量が多くなってしまっているということは、ホルモンバランスが乱れてしまっていて、男性ホルモンの作用が強くなってしまっていると考えるkとが出来ます。

 

この男性ホルモンというのは、いくつかあるのですが、一番知られているものは、テストステロンといわれる男性ホルモンではないでしょうか?このテストステロンは、男性の場合は精巣で、女性の場合は卵巣で作られています。

 

これ以外にも、男性ホルモンとしてアンドロゲンといわれるホルモンもあるのですが、このホルモンは副腎皮質によって分泌されています。

 

男性ホルモンというと男性だけが分泌をしているわけではなく、上記でも書いているように女性も分泌をしています。ただし、男性と比べると女性がテストステロンを分泌している量というのは、1割程度ほどです。

 

そのため、大量に男性ホルモンを分泌している男性というのは、女性と比べると皮脂が分泌されやすくなっています。ですので、男性のほうがニキビになりやすいだけではなく、ニキビが悪化しやすくなっているといわれています。

 

男性ホルモンが活発に分泌されるようになると、皮脂を分泌している皮脂腺の働きも活発になります。
これによって、過剰に皮脂が分泌されるようになってしまうのです。

 

さらに男性ホルモンの分泌量が増えてしまうと、角質の厚さが増し、反対に毛穴が小さくなってしまうため、毛穴が皮脂によって塞がりやすく、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。そして、最終的ににきびができてしまうのです。

 

顔の中でもフェイスラインというのは、ニキビができやすいのですが、フェイスラインはストレスによってにきびができやすい部分でもあり、なかなか改善させることが難しいです。

 

どうして、女性でも男性ホルモンの分泌が増えてしまうのかというと、コルチゾールといわれる抗ストレスホルモンが活発に分泌させることが原因だといわれています。

 

このコルチゾールは、ストレスに対しての耐性をつけるためのホルモンになっているのですが、コルチゾールが大量に分泌させるようになると、男性ホルモンも分泌させやすくなります。これによって、皮脂が大量に分泌しやすくなってしまうのです。

 

ですから、コルチゾールを大量に分泌させないようにするためにも、ストレス発散をして、ストレスを少しでも減らすようにしなくてはなりません。

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ! All Rights Reserved.